ワラノート


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブドアに移転しました過去記事も随時移すので
ブックマークの変更などよろしく!
移転先でもりもりコメントよろー
http://waranote.livedoor.biz/
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
更新情報とときどき呟き

小説家になりたいんだけど面白い文章書くテクおしえてくれよ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:23:25ID:kk23wDTW0
あくたぐぁしょう狙ってるよ


2 : 忍法帖【Lv=32,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/20 00:23:52ID:6wcZZmUk0
まず服を脱ぎます


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:25:19ID:jww+jdPSP 人生観じゃないかな


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:26:46ID:kk23wDTW0
>>3
よくわからん。
 



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:32:58ID:jww+jdPSP
つまらん文章って、一言一言に人生を感じない


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:25:58ID:1kfllf6m0
描きたいありのままをありのまま伝える文章を書く
あとはリズム


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:31:49ID:kk23wDTW0
>>4
リズムってなんだよ。腰痛だから厳しいわ



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:33:27ID:1kfllf6m0
>>7
読んでてビートを刻みたくなるような字の流れだよ!
面白い文章書きたいなら面白い音楽を聴け


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:30:14ID:dTbJyTp60
書きたいものはある?


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:34:51ID:kk23wDTW0 >>6
あるよーーーーーーーーーーー。眼球飛び出る奴がいいね



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:36:17ID:maaOymbo0
お前が面白いと思う文章をまねるとよろし


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:49:55ID:kk23wDTW0
>>11
お前は馬鹿か?マネして何が面白くて楽しいんだ?
 


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 00:58:56ID:/hlNv3xW0
>>13
たったこれだけの文から頭の悪さがこれでもかという程滲み出てる
お前絶対小説家向いてないよ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:18:18ID:kk23wDTW0
>>14
お前は何様だ?コツ教えろっやボケクソ



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:00:01ID:eG+nfk3e0
これがつまらない例

人は誰しも忘れ難い悔恨の記憶を持っている
大概の場合に於いて、その記憶は形相に乏しいが、
形を残し、人を戒め続ける例も珍しくない
情動を伴って現出したそれは、そう長くない時を経て、
情動のみ抜け落ち形骸と化す
さらに、形骸化された悔恨は分岐を続ける
他の目に触れず、何事もなかったように処理された場合と、
自らの管理を擦り抜け、何処かへ流出した場合だ
前者は前述した形相の乏しいそれと同義であるが、後者は全く異質なものといえる
なぜなら、悔恨の記憶、この場合は恥ずべき記憶という意味で用いたが、
これは自分というある種バイアスの強い観測者による認識であり、
外界の様々な条件と相対的に設定された価値観によって諮られた結果であるからだ
しかし、その恥ずべき記憶がもし自分よりはるかに中立的な認識を有す他人によって
憐察すべきものと判断され、さらにその評論やそれに準ずるものを
自分が知ってしまった場合、
これは当人の主観的世界における凄惨な恥辱に留まらず、
自らをも包括する人類の主体的世界に発生した恥辱へと変移する
これは一分一厘の回復も望めない致命的な過失である
例を上げるならば家のトイレで排泄しいたつもりが、
テレビ局によって中継放送されている国会議事堂の真ん中で
脱糞及び放尿していた程に致命的である
この様な事をしたのなら、性的快感の有無に関わらず、
社会的、倫理的規範に甚だしく背く行為として咎められることは避けられない。
有り体で言えば、社会的死亡である。
悔恨の記憶が形相を有し、己の手から離れ、
他の者による知覚という脅威に晒された場合、
その記憶の保持者は瞬間的に人という無数のファクターによって構成された社会からの解脱、
つまり死を望む。
それほど重大な事案なのだ。
肉体的苦痛に起因することなく、心理的、精神的痛苦のみで、死という選択肢を出現させるほどに。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:03:32ID:kNjmjNKT0
小説家目指してたらラッパーになっていた


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:00:44ID:eG+nfk3e0
これが良いリズム

揺らぐ、景色の向こう。
掌重ね合い逃避行。
幼い抵抗。振り向かないで行こう。暗い水底、啼いたエコー。
百鬼夜行。いつも大体こう。
宴の季節がだんだんと、
近づく。ステップはおっとっと。
おぼつかぬ千鳥足で舞踏。
世界は真の円を描く。
此れ万物流転故の変革。
全てが移ろい逝く所為か
僕らも消え去る行く末か。
だったら今日。笑ったらどう。
飲んで踊るのもまた一興。
前口上より大吟醸。盃に映り込んだ微笑。


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:19:56ID:kk23wDTW0
>>15>>16
どっちも俺には書けないな
何言ってるかまったくわからん



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:08:57ID:dTbJyTp60
面白い物語を書きたければとにかくキャラクターを追い詰めればいい
面白い小説・映画はどれも登場人物がひどい目に合っているはずだ
もちろん例外の作品もあるけど


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:22:48ID:jww+jdPSP
模写はいいと思うけどね
田中慎也も書けない時は模写してたらしいよ
知り合いの翻訳家は、小さい頃から模写してたらしい



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:27:02ID:kk23wDTW0
模写ってパクリ?大丈夫なの?


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:24:25ID:/hlNv3xW0
>>28
模写ってそのまま書き写すだけでいいのか?
それとも文体真似るだけで飽くまで自分の文章を書くの?


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:25:20ID:8nud659R0
>>29
そのままでいい


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:27:54ID:rprbz7eC0
>>29
慣れたら後者もやってみ
楽しいよ


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:26:57ID:eG+nfk3e0
語尾にも気を向けるといい
口に出してみて読みやすいように


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:32:10ID:kk23wDTW0
>>31
めっちゃええアドバイスありがとう



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:30:28ID:HTK0WMG50
あのねえ
どうせ読む方は必ず穿った見方してくるからねえ
そいつらに迎合するような文章にするといいよお
そういう連中はねえ故事成句とかことわざとか大好きだからねえ
あと珍妙な形容表現ねえ
意味不明な形容詞で読者を煙にまくのよお
読む方は負けず嫌いだから知らない表現がでてくると
「ほうやるねえ」って一段上から評価してくれるよお


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:32:49ID:eG+nfk3e0
>>36
この穿ったは本質を射た見方でいいのか?

誤用も多いからどっちか分からない


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:35:14ID:8nud659R0
>>38
文脈でわかるじゃん


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:33:18ID:zxuDm5bi0
オチって降ってくるものなの?
設定色々思いついてもオチが出ないから断念することが多いのだが


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:35:57ID:dTbJyTp60
>>39
設定だけじゃなく物語を考えることが出来ればオチもすんなりといくはずだけども


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:36:47ID:kk23wDTW0
>>36
国語の文法とかわからないんだけど勉強したほうがいい?



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:38:59ID:rprbz7eC0
>>43
それは絶対にやっとけ
小説家になるんでなくても役に立つ



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:40:09ID:HTK0WMG50
>>43
しなくていいよお
難解な法則に従ったところでどうせ読む方は解らないんだからねえ
むしろ破綻してる方が高評価もらえるねえ
「既存の枠に収まらない」とかいってさあ
その実態はやっぱり意味不明なんだよねえ


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:43:03ID:dTbJyTp60
>>46
意味不明にしたら「ああコイツわざと意味不明にしてやがるな」
ってのはひしひしと伝わってくるぞ
まあバカなら騙せると思うけど


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:45:23ID:kk23wDTW0
文法力鍛えたほうがいいのかどっちなんだよ!


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:45:54ID:HTK0WMG50
ええとねえ
はっきりしておかなきゃいけないから言うけど読者はバカなんだよお
だから書く方がバカでもいいんだよお

結局さあ
偉ぶる読者ってのはさあ
作者が文章の中に隠したテーマとか訴えがうんぬんとか
もっともらしいこというけどさあ
書く方はそんなこと考えてないんだよねえ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:49:21ID:DS0Y0Dss0
>>50
小説家になりたいなら必要
ラノベライターになりたいなら不要

>>1はどんな作家が好きなのかによる


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:52:13ID:kk23wDTW0
>>56
夢枕獏



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 01:57:06ID:g4+NqM8W0 [1/1回(PC)]
人生を犠牲にすれば他人の気を惹く文章が書けるようになるよ


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:00:21ID:RRCLR5IF0 [3/23回(PC)]
とりあえず俺も右も左もわからないが
文豪の「文章読本」って類の本を適当に読んでいる。
三島幸雄の文章読本がなんか俺にはしっくりきてわかりやすかった。

三島は泉鏡花と森鴎外の文章を対置して
前者を良い意味での感覚の氾濫とし、後者をシンプルで明晰とし
両者をいい文章の例としてあげてる


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:02:34ID:HTK0WMG50
ぜひバカでも読める楽しい小説を書いてねえ
皮肉で言ってるんじゃないよお
バカはバカの領分でしか内容を理解できないからさあ
かっこよくてスゴい文章ってのはさあ
バカには読めないんだよねえ
あ、こっちは皮肉で言ってるんだよお


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:03:35ID:jww+jdPSP
>>66
小説読んだことないでしょ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:03:45ID:4HzDAlEX0
「あくたぐぁしょう」が面白かった


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:07:30ID:OjopjWSb0
作家になりたいと思ったことはなかったが、
きづけばそのはしくれくらいになっていた。
「作家とは人が職業を選ぶのではなく、職業が人を選ぶのだ」
と言った人がいたが、あながち間違いじゃない。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:09:03ID:kk23wDTW0
俺の中のイメージを脳髄に叩きこんやりたいわ
それに影響された未成年達が犯罪に走って欲しい



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:11:22ID:jww+jdPSP
>>75
その情熱をそのまま文章にすればいいじゃん



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:09:56ID:jYTZRN4E0
王道を知る
名文を盗む
あとはお前のセンス



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:12:12ID:OjopjWSb0
感じたとおりのことを感じたとおりに書けば、
自分にとってはつまらなくても人から見たら面白い、
みたいな文章になるよ。
ならない場合もあるけど。
面白いこと書こうとするやつがいちばんつまらん。



83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:14:28ID:8nud659R0
>>80
なかなかの箴言


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:16:16ID:OjopjWSb0
>>83
小説家って、作品が面白いということよりも、
文章が上手い下手ということよりもまず、
作家本人が面白いか面白くないかなんだよね。
自分では普通のこと書いてるのに人が見たら面白い、これが最強。
わざわざ考えないと人を楽しませられない人は、
そういう天才からは数段落ちる。


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:20:03ID:8nud659R0
>>86
面白い芸人は普段のトークも面白いみたいなものか


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:22:33ID:OjopjWSb0
>>90
育ちや経験などを通して人間て形成されてくわけだけど、
一般的という基準からズレた人でも、自分の育ちや経験は「普通」でしょ?
でも、一般から見ると、その「普通」が面白い。
だから、そこで培われた視点や知識、価値観なども面白い。
そんな感じ。


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:26:55ID:8nud659R0
>>96
でもそれだと私小説っぽいものしか書けない気もするな
総合的なものを書こうとするならある程度は客観視も必要ではない?


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:29:11ID:jww+jdPSP
>>96
いやいや、そのずれた普通が小説の魅力であるなら、誰でも誰かのずれになりうるだろ


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:20:53ID:jww+jdPSP
人間には小説を書く能力は誰でも持ってるよ


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:21:44ID:ZsUNMlrMP
なんかこのスレいつもと雰囲気が違う
なんで?


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:23:57ID:OjopjWSb0 ただ、凄い作家ではなく売れる作家になりたいんだったら、
一般というものに迎合して「自分の作品はどこが面白いか」を
隅々まで理解しておく必要があると思う。


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:26:43ID:ZsUNMlrMP >>97
自分の書くものの「面白い部分」ってのがわからない場合どうすればいいの?


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:29:21ID:OjopjWSb0
>>98
人に読んでもらえばいいと思うよ


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:30:55ID:FYlrxEnD0
とりあえず、自然でわかりやすい文章ってのが大前提だなぁ。
おしつけがましさがでちゃうと内容が面白くても台無しだもんな。


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:36:42ID:/bVZSHjF0
簡潔に書いてくれ。

長く書くのは結構かんたんだけど
長い文章よりも短く文章切っていたほうが、リズム感がいい。

長い方が好きって言う人もいるけど
読み手を飽きさせないのにはある程度テンポあったほうがいい。


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:42:01ID:8nud659R0
>>114
長い文章で魅せるのって大変だよね。
短文で区切ればその都度「キメ」みたいなのが生まれて見目鮮やかだけど、
長文は全体の流れの中でそういうものを見せていかないといけないし


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:48:24ID:6+VaFMgI0
文章なんて後からついてくるもの
文章磨きなどお前には10年早い



134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:50:34ID:OjopjWSb0 >>132
分かる。文章はいちいち磨いたりしようとしなくても、
日常的に書いてりゃ普通にうまくなるもんだよね。
「文章の書き方を勉強したい」とか言ってる人の大半は、
普段量を書きもせずに、魔法のよなコツがあるんだと勘違いしていたり、
楽をしようとしている人だったりする。


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 02:53:13ID:RRCLR5IF0
>>134
怠け者はどこにいっても駄目である。
――三島由紀夫『作家を志す人々の為に』


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 03:06:00ID:RRCLR5IF0
将来的にはガス管くわえて自殺したい


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/20 05:11:51ID:OjopjWSb0
馬鹿正直に芸術性ばかりを追い求めていたら生きていけないものな。
ある程度「これ」っていうものがあったら、迎合する気持ちも必要だよね。



http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363706605/



関連記事
ライブドアに移転しました過去記事も随時移すので
ブックマークの変更などよろしく!
移転先でもりもりコメントよろー
http://waranote.livedoor.biz/
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
更新情報とときどき呟き

コメント

無職でも友達がいるだけマシよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


Blackstar RIP David Bowie

 | HOME | 

 

ad

ad etc


プロフィール

orz=3

Author:orz=3
管理モード
過去ログ一覧

フォームURL こちらに 重要な案件以外は返信できない場合があります ご了承下さい

カテゴリー

フリーエリア



WEBパーツ
アンテナシェア

カテゴリークラウド

過去記事

人気記事

RSSフィード

Template by たけやん

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。