ワラノート


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライブドアに移転しました過去記事も随時移すので
ブックマークの変更などよろしく!
移転先でもりもりコメントよろー
http://waranote.livedoor.biz/
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
更新情報とときどき呟き

シナリオを書く際の注意点を俺が淡々と書くだけのスレ

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:08:55.08 ID:iA/NdXEx0
あんままとめてないのでグダグダになるかもしれんが

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:11:22.76 ID:gaNQ1U5W0
>>1はシナリオライターか何かか?


>>3
何かの方だな



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:11:37.04 ID:iA/NdXEx0
まず第一にシナリオとは

・柱
・ト書き
・セリフ


この三つで構成される。

基本的に柱は場所、
ト書きは場所や状況の説明、人物の行動など
セリフはセリフだ
モノローグとかナレーションもまあセリフの範疇か



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:15:55.25 ID:iA/NdXEx0
ここで言うシナリオというのは基本的に映画のもので
アニメとかにはまあ応用はきくかも
ただゲームのシナリオは違うんで役に立たないかもしれない



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:18:22.88 ID:iA/NdXEx0
映像にするための設計図なのだからト書きには映像化できることのみを書く
つまり説明ではなく全て描写でなければならない
説明をしたいのであればナレーションを使うか
あまり良いことではないが登場人物に説明させる



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:23:45.06 ID:iA/NdXEx0
セリフは生きたセリフを心がける
人間が言いそうなセリフということだ

しかしことはそう簡単ではない
「作者がこう言わせたい」というのと「この人物ならこう言うであろう」というのは食い違う
さらに物語としてはここでこういうセリフが欲しいということも出てくる
それらを吟味して練り上げていく必要がある



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:27:56.31 ID:iA/NdXEx0
シナリオとは構成のことだと言い切ってもいい
作劇ができても構成ができないとつまらないものになってしまう
ここが小説との最大の違いと言ってもいい

どこから始めるか
どの視点から見るか
何を隠すか何を省略するか
どういった時間配分にするか

同じストーリーをいくつもの語り方ができて
どれがベストか判断できねばならない
構成がうまくできればつまらないストーリーも面白いシナリオにできる



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:32:16.51 ID:iA/NdXEx0
テーマは一行で言えるものが望ましい
と言って「友情」とか「愛」というのはテーマではない

それに対して作者の視点がテーマである
テーマをおしつけがましく語ってはいけない
登場人物に喋らせるなどもってのほかだ

テーマというのは一つの作品を書き進めるための指針であり
展開に迷ったときの判断基準である
軸のようなもので外から見えていなくても軸があると分かることが理想



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:33:53.23 ID:iA/NdXEx0
なんかざっくりとしたことばっかりになっちゃってるな


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:37:33.40 ID:iA/NdXEx0
プロット(箱書き)を書く時は必ず因果関係を明らかにする

ストーリーというのはただ単にイベントが順番に起こっているわけじゃなく
何かが起こったからそれが次の何かを引き起こし
それに対して誰かが何かをしたからまた何かが起こるというようにつながっている

極力偶然は避ける



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:40:39.58 ID:iA/NdXEx0
登場人物についてはちゃんとプロフィールをつくる

話に出てこない設定もちゃんと考える
ただし使うのは必要なところだけにする
設定を説明するためのストーリーになってはいけない

話に出てこないところも考えるのは
これもテーマと一緒でブレないためである



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:42:46.89 ID:iA/NdXEx0
キャラクターはかぶらないようにする

同じような性格、
役割のキャラクターがいたらそれは省く

もちろんかぶっていることが何らかの意味を持つならこの限りではない



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:45:00.39 ID:iA/NdXEx0
バトルものなら主人公をやたら強くしない
強くてもどこかに弱点があったり
必ずピンチに陥るシチュエーションを用意する



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:48:29.98 ID:iA/NdXEx0
全員とは言わないが主人公やその周辺のキャラは
共感できる(好感の持てる)人物にすること

好きでもない人物の行動には人は興味は持てない



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:48:38.84 ID:gaNQ1U5W0
んで結局>>1は何やってるやつなんだ?


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:50:41.05 ID:iA/NdXEx0
>>17
元シナリオライターということで一つ



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:05:17.26 ID:gaNQ1U5W0
成程元の人か、アニメでは無いみたいだが
シナリオライターって物語を1から作るものなの?



>>24
オリジナルの場合は1から作る場合もあるけど
映画は大抵他の人の考えた企画や原作付きのものが多いので
あまりそういうものは日の目を見ない
よほど面白ければまあ別だけど



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:53:10.61 ID:iA/NdXEx0
全編を通して主人公には変化が欲しい

成長とまでは言わなくても
同じ状況に対して違う行動をとるようになったりとかそういうこと

また最終的に勝利なり成功をおさめるならば
そのために何か代償を払うのが望ましい



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:56:01.95 ID:iA/NdXEx0
意味もなくキャラを死なせてはならない

キャラが死んでも自動的に感動が生まれたりはしない
その人物を失いたくないという思いがある種の感動になる

死→悲しみ
死→主人公のトラウマ


とか安易にやりがちだが
本当にそうなる必然があるのかよく考えること



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 00:59:52.42 ID:iA/NdXEx0
例えば
過去の同僚の死によって主人公が自分を責めているという設定にしても
同僚の死が主人公の過失とつながっていないのにそうなってる作品もある

これでは共感しにくい

主人公が何か失敗をするか不可抗力でも違った選択をしてしまい
思い込みでもいいから自分のせいで同僚が死んだということになってはじめて
それがトラウマになっているという設定が成立する

自動的な展開は避けよう



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:02:22.51 ID:iA/NdXEx0
それぞれのキャラクターがあまり仲が良すぎるのもよくない

みんな自分なりの価値感を持ってそれぞれ生きているはずなので
時には衝突したり意見が合わないこともある

常に全員一致では
それこそ何人もキャラクターがいる必要がない



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:04:19.04 ID:iA/NdXEx0
キャラクターを掴めば自然とセリフは出てくる

掴めないうちに書いたセリフは段取りだけのものになってしまっている
だからあまり面白くない

キャラクターをストーリーを進めるための操り人形にしないように



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:06:25.95 ID:iA/NdXEx0
次からストーリーについて書く


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:10:04.51 ID:iA/NdXEx0
と予告したけどストーリーについては特に書くことないわ

面白いと思ったことを自由に書くのがいいんじゃないだろうか

ただし何もかも予想の範疇ではダメで
必ず意外な展開をどこかに盛り込むよう心がけることくらいか



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:13:11.05 ID:iA/NdXEx0
悪の描写は安っぽくならないように気をつける

人を殺せば残虐ということではない
常人と感覚が違うということを示せればもっと変なことでもいい



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:13:24.76 ID:ssh4D5JeP
100点満点でいって、60点~70点のストーリーを量産するコツ教えて


>>29
自分なりのフォーマットを作っておいてそれに沿って書くことかなあ
とにかく魅力的なキャラクターを作って
いろんなシチュエーションに置いてみるというやり方もよくある
これはシリーズものの発想だけどね



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:20:08.77 ID:ssh4D5JeP
>>30
キャラクターを作れる自由があるとは限らなくない?
なんつーのかな
テレビとか映画とか見てても、全然面白くないんだけど、
見るのを止すほどに詰まらなくはないってのあるじゃん
ああいうのって、どうやって書いてるんだろう、って



>>32
ああそういうのはもうフォーマットがガチガチに決まってて
どうにもならないやつだと思うよ
それこそ面白いキャラクターを自由に作れない作品がそうなるってことなんじゃないかな
何を面白い面白くないと思うかは人それぞれだから
適当な答え方しかできないけど…



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:31:15.27 ID:ssh4D5JeP
>>36
そういう、
ガチガチのフォーマットの中で「合格点」のシナリオを書くコツをお聞きしたいわけだ



>>37
そういうのはパズルだと割り切るしかないね
その作品の中で押さえなきゃいけないポイントを書き出す
それに沿ってエピソードを考える
キャラクターも設定の枠内でなるべく面白いことをさせようとする
しかしハメを外しすぎるとボツるんでバランスをとる
しかしまあ大なり小なりそういうパズルはやらなきゃならんので
コツというより慣れしかないんだよなあ
こういうのは結局心じゃなくて頭で書いてるんでそこそこの面白さにしかならない



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:19:06.21 ID:iA/NdXEx0
どんな創作にも言えることかも知れないけど
書き上げることはもちろん大事だけど

直しはさらに大事

書き上げてつまらないものになっちゃったとしょげるんじゃなくて
それを直して面白いものにすることができてはじめてプロになれると思う

というかプロの仕事の大半は直し



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:21:37.75 ID:gaNQ1U5W0
やはり最近は原作ありきでなきゃ出て来れないんだな
ここで>>1の書いてるの見ると設定考えるとか書いてあるが
これはオリジナルを書く場合ってことか?



>>33
オリジナルは企画が通る率は低いけど
これを考えるのをやめてしまったら終わりだと思うんだ



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:23:07.66 ID:iA/NdXEx0
失敗作を書いたことがある人はそれをもう一度取り出してみよう

読み直して何がいけないのか考える
人に伝わっているかどうか自信がないなら人に読ませてみる
(ただしシナリオの場合はこれが大変で、シナリオをちゃんと読める人は少ない)

一人ずつ登場人物を追って読んでそれらの行動に筋が通っているか確かめる
どうにも盛り上がっていないと感じるなら話そのものをもう一度考える



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:40:52.18 ID:iA/NdXEx0
直す時の注意点をもっと細かく書く

誤字脱字やキャラの名前の間違い、日本語の間違いなどはないか
回収し忘れた伏線、解明されないままの謎はないか
一人よがりな描写、セリフ、展開はないか、

まっさらな気持ちで読んで何が起こっているか分かるか

バカバカしいことだが主要登場人物なのに一度も名前が呼ばれなくて
観客に名前が分からない、などということが起こってないか

全てが現実にもとづいている必要はないが
あまりにリアルでない描写はないか



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:43:30.31 ID:iA/NdXEx0
しかし一番大事なのは

「面白いか」と「言いたいことがちゃんと反映されているか」

でここがダメだ、と気付いた時は胃の痛い話だが大直しになる
下手したら全部捨てるしかなくなる



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:45:10.38 ID:iA/NdXEx0
だからそんな大直しをしたくないために
自分で読み直して無意識に「これは面白い」と思い込んでしまうことがある

難しいことだが本当に面白いのか
面白いと思い込みたがっているだけなのか

自分の心をちゃんと見つめ直さなければいけない



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:48:10.98 ID:iA/NdXEx0
あとよく知らないことについてはちゃんと調べる、
資料を見る、必要なら取材をする

嘘をつくにしても、実際はどうなのかを把握したうえで嘘をつく

面白いことに知らないででたらめを書くと必ず知らないで書いてるとバレる
しかしこれも自分が恥をかくだけの話なので気にしないならどうでもいいと言える



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:53:36.05 ID:iA/NdXEx0
大事なことを書くのを忘れていた

シナリオは映像化できることを書くというだけでなく

「絵になる」

ことを書くことを心がける

この「絵になる」というのは映画(および映像作品)ではかなり大事で
二人の人間が立ったまま延々と会話をしていても
小説なら問題ないが映画だとつらい
(しかし最近そういうヒドいのが増えているのも事実…)

こういうときは何かをさせながら会話をさせるとか
絶景の景色で会話させるとか車内とか動きのある場面で会話をさせるとか
緊張感をもったシチュエーションにおいて会話させるとかの工夫が必要

ちゃんとした映画ならそうなってるはず



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 01:57:39.09 ID:iA/NdXEx0
これも他の創作物でもそうかもしれんが
冒頭でかならず観客を掴むこと

・魅力的な人物の登場
・興味を惹かれる状況
・いきなりの見せ場


だいたい手としてはこの三つ
三つ全部あれば言うことなし



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 02:00:34.00 ID:iA/NdXEx0
アイデアに詰まるようならとにかく本を読む
もちろん映画を観る
まあドラマもほどほどに観る

あと新聞を読み街に出て人間観察をする
とにかく考え方を柔軟にして妄想力を高める

町に出て変わった人を見たら
「あの人はなぜあんなことをしているんだろう」とか考えるくせをつける

映画を観たら途中でこれからどうなるのかを予想する
その予想が外れたら自分の引き出しに入れておける



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 02:34:36.54 ID:0PeYFeLdP
一応全部読んだけどなんつーか、当たり前のことばかりだな
むしろ当たり前のことばかりだから面白い話を書くのは難しいのかもしれない



>>50
まあ「いかに書くか」についての話だから当たり前のことばかりかもしれないなあ
「何を書くか」という話をできればいいんだが
それは人に教わることではないので難しい



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 08:40:51.69 ID:iA/NdXEx0
なぜこのようなスレを立てたかと言うと
最近ワナビ関連のスレを読んで

「小説を書きたいけど書けない人というのは
単にストーリーテリングがやりたいだけなんじゃないのか」


と思ったからなんだ

そういう人に小説じゃなくシナリオという道もあるよと教えたかったんだが
グダグダになってしまったね



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 08:47:53.86 ID:iA/NdXEx0
もうちょっと

「絵になる」

シーンについて書いてみる

この辺は昔読んでシナリオ作法のパクり…じゃなくて
引用も交えて



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 08:57:09.47 ID:iA/NdXEx0
その本によると昔から「絵になる」条件は決まっていて次の六つらしい

・美しいこと
・緊張感があること
・詩、叙情があること
・真実があること
・動きがあること
・スケールがあること


このうち一つもないのが「絵にならない」シーンだというのだ



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 08:59:45.18 ID:GVV5bkaT0
小説でも「絵になる」は大事なんだけど……
心なしかおまえ小説なめてない?



>>58
もちろん小説でも大事なのは分かっているが
それ以上に大事なこともあるだろうから
「絵になる」ことを常に最優先にはできないだろうなという認識はある
決して小説をなめているつもりではないよ
映像化することが目的のシナリオというものは
「絵になる」ことが常に最優先で重要なんだということが言いたいんだ



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:03:05.08 ID:iA/NdXEx0
これらを一番メジャーだろうから
スピルバーグの映画でちょっと解説しようと思う

まず「美しいこと」だが

これはライターの力量とはあまり関係がなくて
美しい景色の場所でロケをしたり美男美女をキャスティングすればまあ解決する

ぶっちゃけて言うとつまんない映画でもスターが出てれば持つみたいなことだ

しかしお話もそういう作りに出来るよう配慮することは必要だ

「レイダース」では昔の恋人マリオンが誘拐されそうになっていちいち追い回されるが
これがインディの恩師の教授とかじゃなくて
ちゃんとヒロインでやるという配慮くらいに思っておけばいい



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:13:27.47 ID:iA/NdXEx0
「緊張感があること」だが

これも「レイダース」の一シーンで今後の方針を話し合っている際に
毒入りのナッツが紛れ込んでインディがそれを食べるか食べないかみたいなシーンがある

これはどうしても話を進めるために必要な説明が多い時に
観客の興味を画面に引きつけておくための工夫で
ハリウッド系の映画には多いね

もちろん緊張感そのものが目的のシーンは言うまでもない



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:24:37.10 ID:iA/NdXEx0
詩、叙情があることだが

これはちょっと説明が難しいが
その一枚絵だけで人間の感情に触れる何かがあるかということで
条件としてはこれだけでいいじゃんかとも思ったりするけど

まあ例として挙げられないくらい映画には無数にあるなあ

例えば悲しんでる主人公は涙を見せないが外はどしゃぶりとか
旅立ちを決意したのをセリフも無く朝日が昇るのを見せて分からせるとか
心情を背景で代弁するとかもこの類いだね

当たり前すぎて意識してないかもしれないけど
言っちゃあれだがこれが出来てなくても演出家がやってくれるところでもある
(それを見て新人のうちは勉強するというわけだ)



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:29:27.92 ID:iA/NdXEx0
真実があることだが

何も人生における真理がそこにあるという大それたことじゃなくて
へー本当はこうなんだみたいな知的興味を喚起するもので構わない
業界ものとかで多いね

しかしスピルバーグの映画で解説すると言っておきながら
該当シーンが思いつけなくてやっぱグダグダになってるね



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:32:48.69 ID:iA/NdXEx0
動きがあることは言うまでもないだろう

前述したけど会話シーンでも車内だとそれなりに持つ

ただし気をつけるべきはなんでもかんでも動きがあればいいということじゃなく
あくまで「絵になる」要素の一つだということ

動きを止めて他のことに目を向けてもらいたい時は
画面を止める必要もある



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:41:22.74 ID:iA/NdXEx0
スケールがあることも言うまでもないかな

大群衆が集まるモブシーンとかは映画だけで有効で
ドラマでは費用対効果が薄いしアニメでも面倒なだけだからなあ

でこれらが「絵になる」ことだから

これにはまるようにシーンを書こうって思うとたぶんいきいきとした本にならないから
自分の書きたいように書いて後で「絵になる」シーンになってるだろうかと
チェックするためのものだと思った方がいい

というかノウハウってのは基本そういうもので
だからこそ「当たり前」じゃんって言われたりするんだろうけど



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 09:44:56.82 ID:XR5B9JTAi
シナリオライターや小説家みたいなものに憧れたことはないし
映画も小説もそれなりにしか嗜まないが面白い
なんかに活かせそうな気がする



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:00:35.47 ID:iA/NdXEx0
次に伏線の引き方について

伏線というのは何もミステリとかだけに必要なものじゃなくて
ストーリー展開上、
唐突感を出さないための前フリみたいなものだと思った方がいい

普通のドラマでも伏線は必要だ

急病で死ぬとしたら体調の悪そうなそぶりをさせる
事故死するとしたら不注意な人物であることを描いておく

後で死ぬことが分かってしまうんではないかと不安に思う人もいるだろう

分かってもいいんだ

ただ忘れさせておかなければいけない

バレないようにとこっそり張っておいて伏線が伏線になってないというのが
よくありがちなミスなので気をつける



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:02:25.96 ID:aIWMf1Hi0
伏線が伏線として役立たない方が怖いのね


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:05:54.14 ID:iA/NdXEx0
一番高度な伏線の張り方は

ある種の出来事に違う意味合いを持たせておいて
後にそうではなかったと明かすというやり方

例えばある脇役がこっけいなことをするギャグシーンがあるとする
こっそりとではなく堂々とやる
見ている方はそれを見て笑う

映画の中で今のはギャグとしての意味合いがあるから
すでに終わったものだとして忘れる

しかし後々あそこで行われたギャグには違った意味があって
ストーリー上重要なものだったというのが分かるという感じ

別にギャグじゃなくても構わない

観客の前に堂々とさらされているけど
伏線だとは誰も思っていないというものが書けたら理想



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:15:00.98 ID:iA/NdXEx0
リアリズムは目的ではなく手段なのではき違えないようにする

フィクションが嘘だということはみんな知っている
嘘でももっともらしい嘘とそうでない嘘がある

どちらを選べば面白くなるかよく考える

もっともらしい嘘をつくときに使うのがリアリズムだ
リアルとはあくまで「本当」そのものではなく
「本当っぽさ」なので注意する



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:22:02.07 ID:iA/NdXEx0
あとこれも説明が難しいんだが
ストーリーとドラマのピークはなるべく一致させるということ

できれば密接に関わっていて同時に解決したりすると理想的

ストーリーと言うのは物語展開のことで
ドラマというのは人物同士の感情的なつながりや葛藤ということね

なんかいい例があるかちょっと考える



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:25:58.32 ID:iA/NdXEx0
昔「ツイスター」って映画があったんだけど覚えてるかな…

あれはあんま良くない例なんだけど
主人公の三角関係がドラマで台風ハンティングがストーリーなんだけど
三角関係の方が物語半ばで解決しちゃうんだよね

なんでクライマックスにまでひっぱってハラハラドキドキさせないのかと思った
あれは本当にもったいない

三角関係が途中で解決すると観客はホッとしちゃうんだよね
でも途中でホッとさせたらダメなんだよ

最後までヤキモキさせないと



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 10:28:50.41 ID:iA/NdXEx0
あと最近の傾向として

何もかも描きすぎないこと説明しすぎないことも気をつけたい

観てれば充分分かることなのにセリフで説明したり
想像する余地を残しておいた方がいいのに
キャラのその後まで説明したりしてないか気をつける

反面
一番大事なところをご想像におまかせしますとかはやっちゃいけない



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:15:31.71 ID:iA/NdXEx0
しかし特に書くことはもうないな…

基本的に書きたいことを全て書き
後で読み直して不要なところ全て省くんだ

理論的にはそれで最高のものが書けるはずなんだが

誰だって書き上がって終わったーと思ったのに
それをそれ以上いじりたくはならない

だからプロットやあらすじというものを使ってまず構成を考える

プロットは絶対に必要とは言わないがまずプロットを書くのが一般的かなー

プロット、シノプシス、スクリプトなどいろんな言葉があるが
業界内でも適当に使ってる。
もちろん厳密な定義はあるんだろうが誰も気にしてない

ようするにあらすじのことだくらいにしか思ってないなあ



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:22:30.17 ID:iA/NdXEx0
プロットは便利なんだけど
気をつけたいのはまずプロットの通りにはならないということなんだ

じゃあ何のためにあるんだよと言われそうだけど

それには理由があって
まずプロットを書いているときというのは
まだキャラクターのことをあまり分かっていない(場合が一般的)

ストーリーを組んでるんだからそっちまで気が回らないんだな

しかしいざ書き始めると
「あれ? こいつこんなことしないんじゃね?」
という感じでプロットとキャラクターが衝突してしまう

これは必ず起こる

起こらなければ
キャラクターが操り人形になってしまっている危険なサインと思った方がいい

もちろん予防法はあって
ストーリーを考える際に極力アクションとリアクションに気を使って書くということか
(それでも完全には防げないが)



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:20:24.32 ID:gaNQ1U5W0
じゃあ次はシナリオライターへと至る道を教えて


>>80
大きく分けて三つ

一つはシナリオ教室に通う

卒業即仕事がもらえるというわけではない
優秀なら何か紹介してもらえるかもしれない程度だが

もう一つは素直に公募に送ること

テレビドラマに関しては毎年どこかしら募集してるはず
映画やアニメ、漫画原作なども検索してれば結構募集してる
こういうところにこまめに送るのもいい

最後は裏技かもしれないが

まず業界に飛び込んでADや助監督を頑張り
コネを作ってからプロデューサーなどに「脚本書いたんですけど」とか言って見せる

公募がオススメかなあ…



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:29:26.93 ID:Hdw0G57K0
>>1がシナリオ的に見て優れてると思う作品例を出来る限り教えてくれ
出来ればジャンル別とかメディア別とかだと嬉しいが思いつく限りで構わんので頼む



>>83
ほとんど洋画ばっかりしか観ないのでそうなっちゃうけどいいかな

SF・ファンタジー等

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「ギャラクシー・クエスト」
「バタフライ・エフェクト」
「トイ・ストーリー3」

アクション

「ビバリーヒルズ・コップ」
「ナイトホークス」
「フレンチ・コネクション」

コメディ

「トッツィー」
「ベティ・サイズモア」
「デーヴ」

サスペンス

「隣人は静かに笑う」
「北北西に進路をとれ」
「何がジェーンに起こったか?」

西部劇

「シェーン」
「荒野の7人」
「許されざる者」


新旧バラバラですでに評価の定まってるものばかりだね
ごめんねとっさにこのくらいしか思いつかないわ



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:43:01.35 ID:Hdw0G57K0
とっさにそれだけ出りゃ十分すごいわwww
参考にするわありがとう



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:49:11.53 ID:iA/NdXEx0
他にもっと好きな映画もいっぱいあるんだが
シナリオ的に優れているという条件だからこんな感じかな

映画というのはいろんな要素で成り立っていて
面白いけどシナリオ的な面白さではないということも当然ある

分かりやすいのは「アバター」で

あれは王道の物語を3DCGを使ってスペクタクルに描いているけど
その面白さはキャメロンの演出とビジュアルに負うところが大きい

もちろんそれがダメということではなくて

「そういう映画」を作ろうという企画だったろうから
脚本はこのくらいでいいかというバランスを考慮したと思うんだ

映像的にも革新的で脚本も凄く凝っていて役者も大物揃いでみんな力演してて…
と全ての要素が120%全力を出していたら暑苦しい映画になることこの上ない

そういったバランスを考えるのも監督の仕事だと思う



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 11:53:44.87 ID:iA/NdXEx0
ここにシナリオそれ自体の特別な性質がある

シナリオはそれ自体では完成品ではない

観客はシナリオそのものを読むことはない
シナリオをもとにして出来上がった映像作品が面白くなるために
いろいろ構成を考えなければならない



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 12:03:57.76 ID:iA/NdXEx0
こんなところか


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 12:30:14.80 ID:XR5B9JTAi
面白かったし多分ためになった
ありがとうお疲れ様


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/24(火) 12:39:47.40 ID:gaNQ1U5W0
シナリオ目指せるかわからないけど取りあえず面白かった






ライブドアに移転しました過去記事も随時移すので
ブックマークの変更などよろしく!
移転先でもりもりコメントよろー
http://waranote.livedoor.biz/
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
更新情報とときどき呟き

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


Blackstar RIP David Bowie

 | HOME | 

 

ad

ad etc


プロフィール

orz=3

Author:orz=3
管理モード
過去ログ一覧

フォームURL こちらに 重要な案件以外は返信できない場合があります ご了承下さい

カテゴリー

フリーエリア



WEBパーツ
アンテナシェア

カテゴリークラウド

過去記事

人気記事

RSSフィード

Template by たけやん

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。